-

毎年大勢の人がとりわけ年末ジャンボの時期はかなりの人が宝くじを買います。一攫千金を夢見てもしかしたら当たるかもしれないということを期待するのです。最近は1億を越える金額が当たる数もかなり増えていて、それだけ期待も高まっているのです。 1等でなくてもある場合には100万円とか10万円とか当たる可能性はあり、実際に身近でもそのくらいの金額の当選をした人はいると思います。ですから余計に試してみたくなるのです。 中にはこの宝くじのためにかなりのお金をつぎ込む人もいます。確かに買わなければ当たることはなく、夢を実現させることはできないのは確かですが、ここにお金を注ぎ込んだとしても当たる確立は限りなくゼロに近いというのも現実です。 ですが、多くの人が夢を持つというのは悪いことではありませんが、宝くじといういわばギャンブルにのめりこんでしまって多額のお金を使い、家庭や生活が崩壊してしまうほどになってしまわないようにバランスが必要になります。